エース損害保険の「歯の保険」とは?

(2012/09/28)

損害保険会社のエース損害保険が、「歯の保険」の販売を10月1日から開始するそうだ。歯科治療にかかる費用を対象とした保険商品を発売するのは、日本国内の損保業界では初の試みとのこと。

この保険では、虫歯や歯周病、親知らずの治療など、保険診療の対象となる治療については、年間で15万円を上限として治療費が支払われる。さらに、インプラント(チタン製の人工歯根を埋め込む治療)や金属の詰め物など、全額自己負担となる自由診療についても、年間で20万円を上限に補償される「お手頃プラン」「充実プラン」が用意されているという。

一方で、矯正歯科や、歯を白くする「ホワイトニング」などの審美歯科は保険の対象外となるようだ。

「歯の保険」に加入できる資格を有するのは、エース保険が提携しているクレジットカード会社のカード会員、その配偶者および子ども、とのこと。

他国ではすでに歯の保険ビジネスを展開しているエース・グループ

Responseの記事ページによると、エース損害保険を傘下に擁するスイスのエース・グループ(ニューヨーク株式市場に上場。NYSE: ACE)は、韓国やシンガポール、インドネシアなどではすでに歯科保険の販売をしており、このうち韓国で、年間の収入保険料が115億円に達し、大変良好な評判を得ているとのことだ。

ただ、日本国内の損保業界では歯科保険の取り扱いは初めてとのことなので、上手く事業を軌道に乗せて海外と同レベルの評判を得ることができれば、エース損害保険が同業他社に差をつけて先行者利益を享受することができるかもしれない。

エース社/歯科保険に関する参考資料

<スポンサーリンク>

トラックバック

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。