米国企業の株価と配当利回り、どうなってる?

(2012/10/06)

米国の主要企業の株価、および配当利回りをざっとリストアップしてみたい。
データの出典は、2012年10月7日現在、Yahoo! Financeを参照したもの。

企業名 株価(単位:米ドル) 配当利回り(%)
ゼネラル・エレクトリック(GE) 23.12 3.00
JPモルガン・チェース 41.71 2.90
インテル 22.68 4.00
Google 767.65 N/A
Apple 652.59 1.60
シスコ・システムズ 18.86 3.00
ウェルス・ファーゴ 35.84 2.50
ウォルマート 75.13 2.10
スターバックス 48.74 1.40
ゼネラル・モーターズ(GM) 24.80 N/A
ファイザー 25.52 3.50
ゴールドマン・サックス・グループ 119.31 1.50
ウォルト・ディズニー 52.97 1.10
バークシャー・ハサウェイ 90.42 N/A
エクソン・モービル 92.55 2.50
デル(Dell) 9.66 3.40
フェイスブック(Facebook) 20.91 N/A
Amazon 258.51 N/A
eBay 48.73 N/A
バンク・オブ・アメリカ 9.32 0.40
シティグループ(Citi) 34.77 0.10
コカ・コーラ 38.58 2.70

・・・とまあ、企業名を書き出しているとキリが無いので、これくらいにしておきましょうか(^ ^;

配当利回りを比較してみて印象的だったのは、いわゆる「配当が高い業種」のイメージが以前とはだいぶ異なっていることだ。2007年の金融危機が始まるまでは、銀行などの金融機関は、株主へ気前よく配当を支払っている高配当株という印象があったけど、この一覧を見れば分かる通り、今は見る影もない。

逆に、以前は、あまり配当を投資家へ分配していなかった印象のあるIT企業の株式の配当利回りが、けっこう高くなっていたのも新鮮だった。企業が成長期にある時は、稼いだ利益は配当に回すよりも事業を成長させるための投資に活用されるものだけど、そう考えると、これらのIT企業も成熟してきたということなのかしら?

<スポンサーリンク>

トラックバック

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。