北朝鮮への投資手段は、コインを購入すること!? by ジム・ロジャーズ氏

(2013/04/02)

コモディティ投資家として著名なジム・ロジャーズ氏が、北朝鮮のコインに投資しているというニュースが最近話題になった。
ロジャーズ氏の投資戦略はシンプルだ。北朝鮮という国家は、いずれ近いうちに崩壊する。崩壊して無くなった国家の金貨や銀貨を保有していれば、その価値にはプレミアムがつくはずだ―ロジャーズ氏はそのように予測しているようだ。つまり、北朝鮮の経済が崩壊する可能性に賭けて投資していることになる。

北朝鮮のコインって、どんなものがあるの?

北朝鮮のコインってどんなものがあるんだろう?と不思議に思って、ちょっとネットで調べてみた。

まず見つけたのが、eBayに出品されていたNorth Korea 2002 Pyongyang Airrang 700 Won 1oz Gold Coinというコイン。2002年の1オンス記念金貨のようだ。このコイン、なんと2,790米ドル(!)で落札されたようだ。
ちなみに、eBayのページでは「Airrang」とあるが、コインに刻まれた表記を見る限り、正しくは「Arirang」だろう。カタカナ読みだと「アリラン」で、最も有名な朝鮮民謡のひとつなのだそうだ。2002年に平壌(ピョンヤン)で開催されたアリラン祭の記念金貨だろうか?

もうひとつ、金日成(キム・イルソン)の肖像が刻まれたコインも見つけた。こちらは、コイン情報のポータルサイト「CoinsHomeNet」に掲載されていた金貨で、2002年に発行されたとのこと。販売価格などの情報は掲載されていないので、このサイトで金貨を購入することはできないようだ。

同じく「CoinsHomeNet」に、20ウォンの銀貨も掲載されていた。こちらの発行年は2005年。龍の彫刻と共に、「BLUE DRAGON」「THE CENTURY VII」といった英語も彫りこまれている。

また、ブログ「OwenNet」では、金正日(キム・ジョンイル)の記念コインが紹介されていた。同ブログの解説によると、このコインは99.9%純正の金貨および銀貨であり、「金正日に永遠の栄光を」といった意味のハングルが刻印されているとのこと。

ふーむ、こうしてみると、北朝鮮でもいろいろなバリエーションのコインが発行されているのね・・・

ちなみに、前出のジム・ロジャーズ氏の記事で興味深かったのは、氏が、北朝鮮のコインを購入することが「北朝鮮に投資する唯一の投資手段である」と述べていること。投資手段がコインのみ、ということで、北朝鮮という国家がますます謎めいた存在に見えてくるのは自分だけであろうか・・・

<スポンサーリンク>

トラックバック

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。