投資信託は毎月いくらずつ積み立てるべき?筆者の家庭状況から考えてみた

(2016/09/23)

もちろん、年収や保有資産、家族構成などにより変わってくるので、一概には言えないけれども。

私と同じくらいの世代・家族構成だったら、積立額はいくらくらいが適切だろう?
私の実体験から、個人的な感覚値を書いてみたいと思う。

40代・共働き・世帯年収が800万円~1,000万円くらいの場合は・・・

まず、私の属性から。

  • 年齢:40代
  • 性別:男性
  • 既婚。ふたりの子供がいる
  • 共働き
  • 世帯年収800万円~1,000万円程度。

私の経済状況から考えると、投資信託への毎月の積立額のイメージは、次のような感じになる。

1万円未満 ← ちょっと少ないかも・・・

1万円~3万円 ← ここあたりが平均的な金額?

3万円~5万円 ← ちょっと頑張ってる!?

5万円以上←すごい!

がんばって節約しながら積み立てている人から見たら、「5万円で『スゴイ!』なんて言っているようでは、まだまだだな」と思われるかもしれないけれども・・・(^ ^;

日々の生活費、住居費、子供の養育費なども考えると、私の感覚では、2~3万円あたりがちょうどよい金額かと。

銀行預金もおろそかにすべからず!

毎月の資金は、すべて投資信託につぎこんでしまうのではなく、貯金もしっかり続けたほうがよいと思う。

私の感覚だと、貯蓄と投資の割合は・・・

銀行預金:投資信託の積立 = 2:1

くらいだろうか。

預金との併用をおススメする理由は、

  • 投資信託は、現預金と比べて資産額が上下に変動しやすい
  • 投資信託は、いざという時にすぐに現金化できない場合がある

たとえば、失業して給料が入ってこなくなったり・・・
家族が重い病気をして、高額な入院費用が必要になったり・・・

そんな時に備えて、ある程度のおカネは、銀行に預金しておくことをおすすめ。
よく言われることですが、2年分の生活費は現預金でたくわえておきたいところだろうか。

あなたの「リスク許容度」と「人生観」が意外と大切!?

いくらずつ投資に回すか?を決めるにあたっては、あなたのリスク許容度と人生観が、実は、とても大切だと思う。

そのお金、最悪、失くなっても大丈夫?

いくらまでなら損失に耐えられるか?
あなたの「リスク許容度」は、しっかりシミュレーションしたほうがよいかと。

アベノミクスがスタートしてから投資信託の積み立てを始めた方にはピンと来ないかもしれませんが、投資信託も、当然、元本割れするリスクがある。

つまり、あなたがコツコツと積み立てたおカネが、消えてしまうこともある。

投資信託の昨年の運用実績(トラックレコード)が良かったからといって、今年も、同じ調子で値段が上昇するとは限らない。

たとえば、株式を組み入れた投資信託なら、リーマンショックのような金融危機で株式市場が暴落したら、価格が半値以下になってしまうこともあり得る。

これは、世界中に分散投資するインデックス・ファンドでも、ありえること。
たとえば私が保有していたETFは、リーマンショックのときに基準価額が半値になってしまった・・・(涙)

もし、そんな事態となったとしても、変わりなく生活を送ることができるだろうか?
子供たちを学校に通わせることができなくなったり、食べ物が買えずに飢えたりしないだろうか?

もし、その答えが「ノー」のようなら、積み立てる金額が多すぎるのかもしれない。

あなたは人生に安定を求めますか?冒険を求めますか?

積立て額は、あなたの価値観・人生観によっても変わってくると思う。

たとえば、私は慎重な性格だ。

心配性で、大きなリスクを取るのは生理的にイヤ。
大損するのは避けて、ミドルリスク・ミドルリターンでいきたがる。性格的に(笑)

だから、毎月の積立金額は「2~3万円あたりが妥当な金額」と書いた。
そういうキャラなのだ(笑)

でも、損することを恐れすぎて、最悪の事態ばかり想定して、徐行運転だけの人生って・・・
「本当にそれでいいんだっけ?」と、ふと思うこともある。

たかが、毎月の投資信託の積み立ての話だけれども。

あなたが、人生に「ワクワク」「スリル」を求めるなら、毎月の積立額をちょっとだけ増やしてみるのも、ありかもしれない。

前にも書いたけれども、投資信託は、リスクが大きい。
銀行に預けた預金と比べると、上がるにしても下がるにしても、値動きが激しい場合が多い。

上昇相場に乗れれば、大儲け。
相場が急落すれば、大損。

良くも悪くも、ジェットコースターのようなスリルが楽しめる。
いわゆる、ハイリスク・ハイリターンというやつだ。

半分冗談ですが(笑)、半分本気です。

たとえ損をしたとしても、「ワクワク感を味わえたのだから、まあ、よしとしよう」と完全に自己責任で腹をくくれるのであれば。
いちどきりの人生、ちょっとだけ冒険してみても、よいのではないだろうか??(・・・と、自分にも言い聞かせてみるw)

<スポンサーリンク>

トラックバック

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。