円、プラザ合意後の最低更新!・・・ところで、「プラザ合意」って何だっけ??

(2007/05/03)

4月の円の実質実効為替レートが、1985年のプラザ合意後の最低を更新したとのこと。メモメモ・・・ではなくて、その前に。このニュースの意味を理解するには、「プラザ合意」について、いま一度正確に理解しておく必要があるじゃないの(→自分)

プラザ合意とは?

ウィキペディアを紐解いてみると、「プラザ合意」について以下のような解説が。

『プラザ合意(-ごうい、英Plaza Accord)は、1985年9月22日、アメリカ合衆国ニューヨークの「プラザホテル」で行われたG5(先進5カ国蔵相・中央銀行総裁会議)により発表された、為替レートに関する合意。
当時のアメリカ合衆国の対外不均衡解消を名目とした協調介入への合意である。対日貿易赤字の是正を狙い、円高ドル安政策を採るものであった。
発表の翌日1日(24時間)で、ドル円レートは、1ドル235円から約20円下落した。
一年後には、ドルの価値はほぼ半減し120円台での取引が行われるようになった。』

「なっ、お前ら、みんなで協力して、円高にしていこうぜ。絶対にドル高にすんなよ。抜け駆けすんなよ」という、アメリカ主導の合意事項、ということか。

そうなると、最初に紹介したニュースの内容もちょっと分かってくる。
プラザ合意で「合意したはず」のルールがもう守られていないというか、ルールの枠組み自体が、もうどうでもよくなりつつあるのか・・・。とにかく、近年まれに見る円安で、日本企業は「輸出競争力の面で有利」になっているそうだ。

<スポンサーリンク>

トラックバック

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。