WGC(ワールド・ゴールド・カウンシル)が2007年1Qの金需給レポートを発表―中国「金豚の年」特需もあり!?

(2007/05/23)

金の広報機関WGC(ワールド・ゴールド・カウンシル)が、2007年第1四半期の金の需給レポート(PDFファイル)を発表した。世界の主要金鉱山40社の共同出資により設立された経緯から、WGCが公表する統計資料は、GFMSのレポートと並んで、ゴールドの需給分析には欠かせないデータと見なされているようだ。

日本語で読めるWGCレポートの概要としては、メルマガ「ファンダメンタルズでみる商品先物相場の戦略」の解説が分かりやすかった。

サマリーだけ拾い読みすると・・・金額ベースでの金需要は174億ドルで、前年比22%、4年前と比較すると2倍以上に拡大しているとのこと。消費需要はインドや中国での増加が目立ち、それぞれ前年比で50%、31%増加。逆に、金供給は、引き続きタイトで前年比2%減少したそうだ。
需給を左右しそうな特記要因としては、ETF(上場投資信託)の成長率が昨年から鈍化したことと、自動車部門の排ガス抑制などを含むナノテクノロジーで金が使われており、今後の需要増加につながると見込まれる、というのが注目すべきポイントか。

今回のレポートでは、ひとつおもしろいイベントも紹介されている。中国の暦では、今年は60年に1度の「金豚の年」に当たり、旧正月には、金運の象徴とされる金の豚の置物がバカ売れ。これが中国本土でのベビーブーム、株価バブルの高騰ももたらしたばかりではなく、金の需要も上昇させる要因になったそうだ。伝統的な風習が、世界の金の需給にまで影響を及ぼしてしまう中国。おそるべし・・・。

<スポンサーリンク>

トラックバック

金価格の上昇により、インドの金需要も低下か?

金の価格の上昇を受け、インドでの需要も、さすがにちょっと、ゲンナリ気味になってい...

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。