用語:M&Aってどういう意味?

(2007/05/26)

世界経済全体が金余り状態で、猫も杓子もM&A。フィーバーしっぱなしで、よく分からない買収案件までもてはやされている感すらある2007年5月現在。
ところで、この「M&A」という言葉、そもそも何の略称だかごぞんじでしょうか? この言葉、ニュースでも普通に目にするようになったし、このブログでも当たり前のように使っているけど、「企業どうしがくっつく、吸収合併を意味するんじゃないの?」という程度のあいまいな認識しかなく。恥ずかしながら、その用語の正確な意味を調べたことがなかった(^ ^;

というわけで、今さら人に聞けない(笑)この用語について、さっそくググってみた。いちばん簡潔・明瞭な用語解説が載っているは、やはりWikipediaのページ。

『M&A(Mergers and Acquisitions(合併と取得)の略、エムアンドエー、エムエー)とは、企業の合併及び買収を総称して言う。他の企業を取得しようとする際に、それを企図する主体やその子会社などに吸収合併させたり、相手企業の株式を買収して子会社化したりする手段が用いられることから、およそ企業の取得という効果に着目して総称するものである。』

なるほど・・・「M&A」とは、「Mergers and Acquisitions」の略称ですた。「Acquisitions」という言葉が、「買収」を意味するわけね。「吸収合併」と「買収」という言葉は混同して使いがちだけど、この用語から分かるように、厳密には異なる意味を持つので注意が必要だろう(→自分)

ちなみに、Mergers「合併」の語源は、元々はラテン語のmergere「沈む」に由来するとのこと。ちょっと不穏な響きの言葉ですね・・・(^ ^;

<スポンサーリンク>

トラックバック

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。