豪ドル、対米ドルで17年ぶりに高値更新

(2007/06/06)

2007年6月6日のシドニー外国為替市場で、豪ドルの対米ドル相場が1豪ドル=0.84米ドルを上回り、じつに17年ぶりの高値を更新したそうな。

1-3月の豪の実質国内総生産(GDP)が、前期比1.6%成長という、市場の予想を上回る強い伸び率を示したことにより、年内の利上げ観測が高まったことが背景という。
オーストラリア経済は堅調に拡大しつつあり、商品相場の上昇や高金利による投資マネーの流入、低いインフレ率のもと、不況に対する抵抗力も強まっているようだ。

ただし、オーストラリアの経常赤字は年々増加しており、中央政府が豪ドル高をそれほど心配していないように見受けられる点は、少々ネガティブなリスク要因として見ておいたほうがよいかも・・・と思うけど、どうなんだろ?

ちなみに、オーストラリアの隣の国、ニュージーランドの通貨NLドルも、1985年に変動相場制に移行して以来の最高値を更新している。高金利の通貨が、豪ドルの上昇に連れ立った形とのこと。

<スポンサーリンク>

トラックバック

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。