メリルリンチ、機関投資家から訴訟を起こされる!?

(2007/11/10)

ちょっと古い記事なんですが、自分は知らなかったので・・・10/31付のロイターの報道によると、サブプライム投資で機関投資家がメリルリンチを提訴したとのこと。

"リスクのあるローン関連投資について「虚偽で誤解を招く」声明を出していたとして、機関投資家のライフ・エンリッチメント・ファンデーションがメリルリンチとオニール前会長ら経営幹部を相手取り、ニューヨーク南部地区連邦地裁に訴訟を起こした。"

メリルリンチは、今夏の金融市場の混乱の直撃を受けて7-9月期に予想を超える79億ドルの評価損を計上し、22億4100万ドルの赤字に転落。スタンレー・オニール会長兼最高経営責任者(CEO)が引責辞任している。

金融業界の情勢に精通されていると思われる方のトリガー引かれちゃったかもという記事によると、メリルの追加損失発表以降、金融機関が資産評価をより保守的にする傾向が強まっているという。そりゃそうだ。訴訟を起こされるのがいちばんこたえるだろうから・・。

しかし、うーむ、サブプライム問題の余波、おそるべし・・・。まだまだ、隠れているのか?まだまだ、問題が噴出してくるのか??

<スポンサーリンク>

トラックバック

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。