ETF: EAFEインデックス・ファンド(国内では楽天証券で買えます)

(2007/11/10)

人気ETFシリーズ「iShares」のMSCI EAFEインデックス・ファンドは、米国以外の先進国諸国に幅広く投資することのできる便利なETFだ。

海外移住を目的とした資産運用さんの解説によると、MSCI EAFE(イーファ)指数とは、ヨーロッパ、オーストラレーシア(南洋州)および日本を含む極東アジアの先進国(計21ヶ国)のインデックスを各国の浮動株ベースの時価総額で合成(加重平均)した指数とのこと。対象国の株式時価総額の約85%をカバーする。
つまり、EAFEに連動するETFを米国S&P連動ETFなどと組み合わせて購入することで、世界全体の先進国にまんべんなく分散投資することが可能になるわけだ。

ちなみに、資産運用アドバイザー、カン・チュンドさんのブログによると、EAFEの「E」 は ヨーロッパ、「A」はオーストラリア、「FE」は Far East(極東アジア)を指しているとのこと。

同ETFの管理会社は、バークレイズ ・ グローバル ・ファンド・アドバイザーズ。2007年11月現在、その運用報酬は年率0.35%。同様の銘柄を組み込んだ投資信託を購入するよりも、はるかに低コストでインデックス投資が実現できる。

<スポンサーリンク>

トラックバック

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。