投資ファンド「ブラックストーン」が日本へ上陸するぞ!(LBO祭り前夜!?)

(2007/11/10)

ブラックストーン(米国のプライベート・エクイティ最大手)が、東京は丸の内に日本法人を開設したらしい。世間一般ではほとんど騒ぎにならなかったニュースだが、このファンドの実態を知る人々にとっては、「えっ、マジで!?」という驚きをもって迎えられているようだ。

で、ブラックストーンってどんな商売をやっているの?という素朴が疑問が沸くが、つまることろ、このファンドがやっているのは、「会社だの、不動産だのを、安く買って高く売る」系のファンドビジネスだ(ものすごく単純化しちゃいました・・・素人の知識なので、間違っていたらごめんなさい!)
いずれにしても、ファンドとしてのリターンを上げるために投資活動を行っているわけで、企業買収に絡むデュー・デリジェンス、金融取引に関してはけっこうな目利きであることは確かなようだ。 ・・・このようなファンドが本気になって日本法人を設立したとなると。日本企業としては、LBO(レバレッジド・バイアウト)などの手法で敵対的(?)買収をしかけられる可能性がまたひとつ増えたということだ(ちなみに、競合のカーライル・グループはすでに日本で商売を始めている)日本には割安な状態で放置されている企業も多いだろうから、一部の経営者には、戦々恐々な事態といえるかもしれない。

ちなみに、同ブラックストーンは、2007年6月に約5,600億円規模でNYSEへIPOを果たしている。あの時期になぜ今さら株式を公開したのか?という点においては、経営陣のちょっと裏の意図(笑)もあったかもしれないけど、まあ、それはおいておいて・・・同社のIPOは、「北米のみならず、欧州、中東、アジアなどの多くの投資家からの需要を集めて、大成功に終わった」そうな。そういえば、中国の投資庁も一生懸命に投資していたなー。

<スポンサーリンク>

トラックバック

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。