ETFを活用した商品投資の活性化に期待します

(2007/11/10)

金融審第1部会、商品投資にETF活用という記事によると、金融審議会の金融分科会第1部会の会合で、取引所の取り扱い商品多様化についての議論がなされたとのこと。

"出席した委員は、多様化などによる総合取引所化の推進におおむね賛成。国際的に証券取引所と商品取引所の提携が進んでいる現状を踏まえ、国内でも上場投資信託(ETF)などを利用し貴金属や原油などの商品取引の柔軟性を高めるべきだとする意見が相次いだ。"

一市民として言わせてもらえば、私個人的に、この委員会の見解とまったく同意見。コモディティ市場の指数に連動するETFなど、株式以外への投資手段は、コモディティ・インデックス・トラスト(米S&P社が提供する商品価格指数に連動するETF)など一部の商品を除いて、日本国内にはほとんどないのが現状だと思う。商品先物は変にリスクが高いという先入観もあって敷居が高いが、商品インデックスに連動するETFなら、自分としては購入を前向きに検討したいと考えているから。
ただ、審議するだけじゃなくて本当に実現してほしい(笑)東証や大証へのETFの上場も、話が出てから実現するまでにえらく時間がかかったし(金融商品の取引にからむ法律の整備など、いろいろ調整ごとはあったのだとは思うけど、なぜにあれほどの時間を要したのか、いまだにナゾ)・・・重い腰を上げて、たまにはフットワークを軽くして進めて欲しい~。

<スポンサーリンク>

トラックバック

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。