中央三井の投資信託「トリプル・インカム」ってどうなの?

(2007/11/11)

街中の中央三井信託銀行の店頭で、トリプル・インカム(3資産バランスオープン)という投資信託のポスターを見かける。ダイナミックな名前の投信だな~と印象に残っていたので、内容を調べてみた。

3資産バランスオープン、愛称がトリプルインカム。中央三井アセットマネジメントが運用・管理する投資信託だ。同社のサイトによると、「海外債券、国内株式、Jリートの3つの資産に分散投資することにより安定した利子・配当収益の確保、値上がり益の追求、中長期的な信託財産の成長を目指す」とのこと。アロケーション比率は、海外債券が70%、国内株式が20%。で、残り10%がJリート(不動産投信)。

07年11月8日現在の基準価額は、9,758円。そして気になる運用報酬は、年率 1.2075%(税抜1.15%)。おお、思ったとおり、報酬率はけっこう高い金額が設定されている。なお、当然のことだが、債券市場や株式市場の変動により価額が下落するリスクが存在する。
また、この投資信託は毎月決算(=毎月分配型)だ。分配金が毎月支払われるというのは魅力的に聞こえるが、分配金に課税される税金コストがリターンに影響する可能性も留意しておく必要があるかもしれない。

<スポンサーリンク>

トラックバック

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。