ゆうちょ銀行が販売する「野村世界6資産分散投信」とは?

(2007/11/11)

『資産を運用するなら、国内および外国の「債券」「株式」そして「不動産投資信託(リート)」という、6つの資産を考えてみませんか。』そのような売り文句で、ゆうちょ銀行が野村世界6資産分散投信なる投資信託を販売している。

運用は、野村アセットマネジメント。国内株式、国内債券、国内リート、外国株式、外国債券、外国リート。その名の通り、合計で6種類の資産に分散投資するファンドだ。値動きの異なる複数の資産を組み合わせることで、リスクを平均化し、安定的な元本の成長をねらうとのこと。自動積立での購入も可能なようだ。
商品のPRページでは、「組入資産ごとの代表的なインデックスを基本投資割合で合成した指数に連動する投資成果を目指します」と書かれている。(「基本投資割合で合成した指数」というのが何を指すのか、自分には分からないが・・・)

同投信について、虹の節約&資産運用奮闘BLOGさんが積極的に分析されているので、興味のある方はぜひそちらも参照してみてください。

ちなみに、このような分散投資は長期保有することで投資コストを圧縮することができるが、長期だからといって、運用者が負担するリスクが縮小するとは限らないので、この点は注意が必要だ。

<スポンサーリンク>

トラックバック

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。