プラザ合意の意味とは?円高不況とバブル景気はどのように引き起こされたのか!?

(2012/09/22)

プラザ合意がその後の円高不況とバブル経済を引き起こした、という話はよく聞くけれども、プラザ合意の後の数年間、時系列で見て、いつ、どのような事情で金利が引き下げられて株価や地価が高騰したのか?という話となると、自分の理解は曖昧だ。

続きを読む»

円安は米国経済と新興国経済の回復によってもたらされる!?

(2012/09/21)

世界経済再浮揚と円安始動の鍵は米国にという興味深いコラムで、ドイツ証券のチーフ為替ストラテジストである田中泰輔氏は、米国経済と新興国経済の回復が歩調を合わせることで、為替が円安へ転換する可能性について言及している。

続きを読む»

生命保険各社、保険料を値上げする予定!?

(2012/09/12)

生命保険の保険料が、2013年4月から値上げされる見通しだ。値上げの理由は、長期に渡り継続している低金利を背景に、金融庁が生命保険会社に義務づけている運用利回りの標準利率を現行の年1.5%から1.0%へ引き下げるためだ。

続きを読む»

アイエヌジー、日本の生命保険事業から撤退する予定!?

(2012/09/08)

オランダの総合金融機関ING(アイエヌジー)グループが、日本の生命保険事業から撤退するそうだ。欧州の銀行業務へ経営資源を集中させるためのリストラの一環で、日本の生命保険事業は香港の実業家グループに売却される予定だという。

続きを読む»

アメリカで若者が暮らしやすい州 トップ10は!?

(2012/08/29)

米国のビジネス誌BusinessInsiderが、若者が暮らしやすい州のランキングベスト10(リンク先は英文)を掲載している。

続きを読む»

ジャーナリストのダニエル・アマン氏、マーク・リッチ氏について語る

(2012/08/28)

かれこれ5年ほど前になるけれど、商品取引会社グレンコアについて当ブログの記事で書いたことがある。この会社を設立したのは、元々は米国で敏腕トレーダーとして名を馳せたマーク・リッチ氏だが、この謎に包まれた人物への丹念な取材を行ってきたスイス人ジャーナリスト、ダニエル・アマン氏のインタビューが「キング・オブ・オイル」の「シークレット・ライフ」を公開というタイトルで公開されている。

続きを読む»

エンパイア・ステート・ビルディングからの収益、今後3年で2倍以上に増加と予想!?

(2012/08/14)

ロイターの記事(英文)によると、ニューヨークの観光名所であるエンパイア・ステート・ビルディングを所有するオーナー企業が、同ビルから得られる収益(家賃収入のこと?)が今後3年間で倍以上に増加すると見込んでいるそうな。

以下、個人メモとして抄訳をば。

続きを読む»

積水ハウスがシンガポールで土地開発に着手

(2012/07/01)

積水ハウスが、シンガポールの不動産デベロッパーと提携してシンガポール中心部の開発に着手することを発表したようだ。リンク先のプレス・リリースによると、積水ハウスが取得した土地は、シンガポール中心部の「Hougang (ホウガン)」と「Punggol Central (プンゴル セントラル)」と呼ばれる地区。

続きを読む»

オーストラリアのREITへ投資する方法は?

(2012/06/27)

オーストラリアのREITへ投資手段として、日本国内の金融機関で購入できる金融商品はそれほど多くないようだ。運用報酬・手数料が少し高くても許容できるのであれば、投資信託が最も一般的だろう。三菱UFJ投信の毎月決算型ファンドオーストラリア・リート・オープンや、ダイアム・アセット・マネジメントのDIAMオーストラリア・リート・オープン(A-REIT)、日興アセットマネジメントの上場インデックスファンド豪州リート(S&P/ASX200 A-REIT) (上場Aリート)などがこれに当てはまるだろうか。

続きを読む»

外国人経営者の役員報酬、いくらが適正なのか・・・?(企業の業績と役員報酬の適切な関係)

(2012/06/25)

日本企業では、役員になっても一般従業員との報酬の格差はそれほど大きくならないと言われていたけれど、こと外国人経営者については事情が異なるようだ。Business Journalの記事日産・ゴーン社長は報酬10億円! 外国人経営者天国ニッポンによると、日産自動車のカルロス・ゴーン社長兼CEOの役員報酬は10億円を超える見込みであり、上場している日本企業の役員報酬としては過去最高額なのだという。

続きを読む»

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。