公社債投資信託の利回りは、どのくらい!?

(2010/10/12)

公社債投資信託(通称:公社債投信)とは、MMF(マネー・マネージメント・ファンド)やMRF(マネー・リザーブ・ファンド)、長期公社債投信などの総称。株式ではなく、国債や地方債など安全性が高い(と言われている)債券を組み込んだファンドのことを指す。公社債投信の利回りは、手堅い債券に投資するファンドであるからして、ここ最近の低金利の影響を受け、相対的にそれほど高くはない水準のまま推移しているようだ(2010年10月現在)

続きを読む»

ETFへの投資 - 配当(分配金)もやはり重要な要素か

(2010/10/07)

ETF(上場投資信託)を長期保有する場合、投資家が期待するものとしては、ETFの価額の値上がりによる売却益(キャピタルゲイン)であることが一般的なようだ。ただ、えてして見過ごされがちなのが、ETFの配当によるインカムゲインが享受できる点ではないだろうか。とくに海外ETFの場合、配当への二重課税の問題など不条理なハードルはあるにしても、それでもなお、ETFの分配金、配当がもたらす利回りは、投資を検討するうえで無視できない重要な要因といえるかもしれない。

続きを読む»

東証のETF売買高、なんと4年連続で減少・・・!?

(2010/04/11)

東京証券取引所で取引されるETFの売買高が、4年連続で減少しているとのこと。ETFの取引が、個人、機関投資家ともに盛り上がっておらず、2009年度の東京証券取引所での売買代金は、前年度に比べなんと14.7%も減少したのだそうだ。

続きを読む»

グロソブ、ギリシャ危機で運用成績にどのような影響が!?

(2010/02/24)

為替王さんの記事によると、日本最大と謳われ人気を集めた投資信託「グロソブ」(グローバル・ソブリン・オープン)が、ギリシャ危機に際して思わぬ損失を被っているそうだ。この記事によると、分配金の引き下げなどを契機としてグロソブから資金流出が始まり、焦った運用チームが、利回りを稼ぐためにギリシャ国債を買い増ししたのだという。

続きを読む»

EMB ― 新興国の債券に投資できるETF

(2010/01/25)

新興国の債券に投資できるETFで、日本国内の証券会社で買える商品には、iSharesのEMB(JPモルガン・米ドル建てエマージング・マーケット債券ファンド)というのがあるようだ。

続きを読む»

国際投信投資顧問の「エマージング・ソブリン・オープン」とは?

(2009/06/03)

国際投信投資顧問が運営するファンドにエマージング・ソブリン・オープンという商品がある。毎月決算型の投資信託であり、新興国のソブリン債券および準ソブリン債券が、主要な投資対象となるという。

続きを読む»

DIAMワールド・リート・インカム・オープンとは?

(2007/05/07)

世界各国のREIT(不動産投信)に幅広く投資するファンドDIAMワールド・リート・インカム・オープン。だいぶ人気がある運用商品らしいので、どんな投信なのか、みずほ銀行のサイトでちょいと調べてみた。

続きを読む»

ウォーレン・バフェットのイチオシは、やはりインデックス・ファンド

(2007/05/07)

バークシャー・ハサウェイのオーナーであるウォーレン・バフェット氏が、一般の投資家にインデックスファンドへの投資を熱心に薦めている話は以前から有名だが、その方針がいま現在も変わらないことが、大半の投資家、インデックスファンドの利用が賢明=バフェット氏というロイターの記事から見て取れる。

続きを読む»

ETF(上場投資信託)についてのおさらい

(2007/05/03)

ETF(Exchange Traded Fund)。上場投資信託。個人的にも期待が高い、このETFについて、ちょっと基本的なところから復習しておきたい。

続きを読む»

トヨタアセット・バンガード 海外株式ファンド 一時的に解約すべきか・・・

(2007/05/01)

トヨタFS証券が販売するトヨタアセット・バンガード 海外株式ファンド。ファンド・オブ・ファンズの手法を採用し、米国のインデックスファンドの老舗「バンガード社」が運用する4つのファンドを通じて、世界の株式市場全体に、広く薄く、まんべんなく投資する商品。
個別銘柄のように極端な値上がりはない代わりに、暴落することもあまりない、比較的堅実(?)なこのファンド。ここ数ヶ月、ちょっとずつ買い増ししてきたんだけど、利益を確定できる今のうちに、一時的に売却(というか解約)することを検討中。

続きを読む»

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。